フチ(輪郭)カットステッカー

フチ(輪郭)カットステッカー

当サイトでは、ステッカーの種類(製法)を、以下の4つに分類しています。このうち、このページでは、フチ(輪郭)カットステッカーについて詳しく説明しています。

  • カッティングステッカー
    • 色付きのフィルムを文字やイラストの形にカットして製作するステッカー。
    • 貼付け面に直接かいたようなスッキリした仕上がりになります。
  • プリントステッカー
    • 白や透明のフィルム等に業務用プリンターで印刷して製作するステッカー。
    • 多彩な表現が可能です。
  • フチ(輪郭)カットステッカー
    • プリントしてから文字やイラストの輪郭にそってカットするステッカー。
    • グラデーション入の文字やイラストも、貼付け面に直接かいたようなスッキリした仕上がりになります。
  • ステッカーシート
    • いわゆるラベルやシールのように、一枚のシートにステッカーが数枚並んでいるステッカー。プリントしてからスッカーの形状にカットし、シートごとに断裁します。
    • 貼付け作業の効率化が図れます。

※ 「フチカット(輪郭カット)」と「ステッカーシートは、「プリント」という工程を含み、フィルムも「プリント用」のものを使いますので、「プリントステッカー」から派生した種類といえます。
4種類に分類しますが、大きくはカッティングステッカーとプリント系の2種類になります。

それでは、「フチカット(輪郭カット)ステッカー」について詳しく説明していきます。

フチカット(輪郭カットステッカー)の特徴

直接書(描)いたようなスッキリした仕上がり

フチカットステッカーなら、グラデーション入の文字やイラストも、貼付け面に直接書(描)いたようなスッキリした仕上がりになります。

ロゴマーク等の意図を損なうことなく、製品や社用車等に挿入し、企業やチームのイメージを訴求できます。

プリントしてから図柄の形にカット

ブリンター
プリンター
ラミネーター
ラミネーター
カッティングマシン
カッティングマシン
カス取り
カス取り

パソコンで作成したフチカットステッカー製作用のデータを大判のフィルムに業務用のインクジェットプリンターで印刷します

印刷後に保護用のラミネートを全体にかけます(ラミネートをかけない場合もあります)。

印刷してラミネート加工後のフィルムをカッティングマシンにセットし、カット用のデータをおくると、裏紙は切らずにフィルムだけを図柄の形にカットしてくれます。

カッティングマシンはフィルムに切れ目を入れるだけです。図柄の周囲の不要なフィルムは手作業で取り除きます。この作業を英語では「weed(雑草取り)」、日本語では直截に「カス取り」といいます。

カス取りは省略する場合もあります(図柄が1つのパーツにつながっていて(単パーツ)次のアプリケーションシートが不要な場合等)。

多パーツ仕様・単パーツ仕様

多パーツ仕様

AP前
多パーツ仕様
(AP後、完成)
1) APに写し取り
2) APごと貼付け、
4) APを剥がすと
スッキリと仕上がり

カス取りを終えた段階では、裏紙の上に図柄がある状態です。

図柄が複数パーツに切り離されている場合(多パーツ仕様)、そのまま貼ろうとするとパーツごとに裏紙から剥がして貼っていかねばなりません。手間ですし、配置がくずれます。

カス取り完了後、全体にアプリケーションシート(以下、「AP」と略します)をかけます。APをかけた状態がステッカーとして完成した姿になります。

貼り付ける際は、1)図柄をAPに写し取り、2)写し取ったAPごと貼付け、3)貼付けたあとにAPを剥がす(APの粘着力は弱くしてあります)と、手間なく配置も崩れずに貼れます。

単パーツ仕様

単パーツ仕様
1) 裏紙から剥がして
2) 貼付け

図柄が1枚のパーツにつながっていて(単パーツ仕様)、そのまま貼れる場合はAPをかけません

図柄が1枚につながっていても、細い部分があってそのままで貼りにくい場合や、サイズが大きくて扱いにくい場合は、APをかけます

多彩なデザインを表現

大判のフィルムに業務用のインクジェットプリンターで印刷して製作しますので、多色やグラデーションも表現可能です。

ロゴやイラスト、写真等、多彩なデザインを思いのままに表現できます。

広範囲に色を表現

弊社インクジェットプリンターは、鮮やかなオレンジやグリーンも表現、PANTONEカラーの98.2%をカバーします。メタリックの表現も可能です。

従来、インクジェットプリンターは混色のため、鮮やかな色、特に鮮やかなオレンジは表現できませんでした。

弊社プリンターは通常の6色(C・M・Y・K・LC・LM)の他、グレー・オレンジ・レッドを搭載。色彩豊かに表現します。

PantoneやDIC、日塗工の色見本帳やBUS車体色、マンセルブックも備え、色指示に対応可能です。

版ズレも問題なし

版ズレが生じている
版ズレなし

せっかく色彩豊かにプリントしても、カッティングの際に版ズレが生じていては台無しです。

写真は、緑と黄色のラインの上にシャドウ付きの文字があるステッカーを、赤の塗装の上に貼ってあるところです。

プリントした図柄に対してカット位置がずれると、左の写真のように、フィルムの白い部分が残ったり、異なる色が交差するところがズレるという版ズレが生じます。

弊社ではデータ作成からカッティングまで独自に考案した技法で、版ズレを最小限に抑えています。

屋外耐候性も安心

施工後約7年後 南面

鮮やかであると同時に屋外耐候性約5年を実現しています。

インクは鮮やかであり、また、屋外耐候性があります。フィルムも屋外耐候性の高いものを使用し、プリント後にUV(紫外線)カット剤を配合しているラミネートフィルムを全体にかけることで、屋外耐候約5年を実現しています。

フチ(輪郭)カットステッカーの仕様等

構成材料

フチカットステッカーは、1)インクジェットメディアにインクで印刷 → 2)印刷後にラミネート加工 → 3)フチカット → 4)*図柄の周囲の不要なフィルムを除去 → 5)*アプリケーションフィルム掛け → 6)断裁 という工程で製作しますので、構成材料としては次のようになります。

4)・5)は不要な場合もあります。

  • インクジェットメディア(フィルム)等
    • 白または透明。屋外での耐候性により、長期(5年程度)・中期(3年程度)・短期(1年程度)があります。弊社では主に長期用を使用します。
    • その他、反射フィルムやヘアライン調等、印刷対応可能な各種フィルムがあります。
    • また、インクジェット専用のインクジェットメディア以外に、カッティングステッカー用のマーキングフィルムにも印刷可能なものがあります。例えば、コーションラベル等で地色が黄色の場合は、黄色のマーキングフィルムに文字・マークを印刷する場合もあります。
    • フィルムについての詳細は「フィルムについて」をご覧ください。
  • インク
    • 弊社では、屋外耐候性のある溶剤系インクを使用します。
    • インクの色は、ブラック・シアン・マゼンタ・イエロー・ライトシアン・ライトマゼンタに加え、オレンジ・レッド・グレーを標準搭載。オプションでホワイトを使用し、色彩豊かに表現します。
  • ラミネートフィルム
    • 印刷後、通常は保護用にラミネートフィルムを全体に貼ります。
    • 弊社で使用するインクは、「擦れ」には強いものの、アルコールやガソリン等がかかると溶け出してしまうこともあり、通常は保護用のラミネートフィルムをかけます。
    • 弊社では主にUVカット剤入の「UVカットラミ」を使用し、屋外耐候性をあげています。
    • ツヤ有り(グロス)ラミが一般的ですが、・ツヤ消し(マット)ラミにしてマット感を出すこともできます。
  • アプリケーションフィルム
    • 図柄が複数パーツに切り離されている「多パーツ仕様」の場合に、パーツを写し取るフィルムです。
    • 図柄が切り離されていない「単パーツ仕様」の場合、アプリケーションフィルムは通常使用しません。
    • ただ、単パーツでも、一枚が大きくてフィルムに腰がないと扱いにくいのでアプリケーションフィルムを掛けて腰を出したり、 細い部分があってそのままで貼りにくい場合に使用することもあります。

耐候性

屋外耐候性は、使用するインクジェットメディア・インク・ラミネートフィルムによります。

屋外耐候長期のフィルムに屋外耐候性のあるインクで印刷し、UVカットラミをかければ、全体としては屋外耐候最大5年を実現でき、 5年程度は目立った色あせは生じません。5年程度を超えてくると、色あせやひび割れが生じてくることがあります。

弊社では、この屋外耐候最大5年となる材料の組み合わせを標準仕様 (用途によっては3~5年を標準仕様) としております。

粘着力

強粘着タイプから弱粘着タイプ、また、再剥離タイプと、多様なフィルムをご用意しております。詳しくは「一般インクジェットメディア」をご覧ください。

また、注意事項や施工マニュアルに沿って貼れば、 雨や風でも 「剥がれてくる」ことはまずありません。

サイズ

原反幅が約1.3mのため、ステッカーの短辺は1.2m程度まで。それ以上の場合は分割して製作します。 
長辺は10m超も製作はできますが、貼り付けが大変です。

最小は、5mm角程度の文字も鮮明に印刷できます。

色・ツヤ

プリントステッカーは、インクを混ぜて印刷して製作しますので、表現できる色数としては1000万色以上となります。

弊社で使用しているインクジェットプリンターは再現域が広く、これまでのインクジェットプリンターでは対応できなかった鮮やかなオレンジやグリーン等も表現、PANTONEカラーの98.2%をカバーします。

ホワイトインクを搭載していますので、透明フィルムに白の図柄を印刷することも可能です。

また、メタリック色も一定の範囲で対応可能です。

ツヤに関しては、印刷後の保護用のラミネートフィルムに「ツヤあり」と「ツヤ消し」を標準でご準備しておりますので、どちらにも対応できます。ただ、「ツヤ消し」といっても「3分ツヤ」程度になります。異なるツヤ感をご希望の場合はご相談ください。

製作適合フィルム

フチカットステッカーは以下のフィルムをよく使用します。(フィルムの詳細は各フィルムのページをご覧ください。)

フチ(輪郭)カットステッカーの主な用途

ロゴマークのステッカー

多色やグラデーション入りのロゴマークも、フチカットステッカーならスッキリと仕上がります。

また、単色でも、フチカットステッカーなら指定色で製作することが可能です。

ロゴマークは会社のイメージを表現します。フチカットステッカーなら指定色でスッキリと仕上げることができます。

車両マーキングやラッピングで

製品の写真も、フチカットステッカーならスッキリと車両にえがくことができます。

写真を大きく出力して貼る場合、図柄のエッジは若干ぼやかした方が自然です。図柄に車体色*に合わせた色の周縁をつけてフチカットすれば、図柄を直接描いたようなスッキリとした仕上がりになります。

*)メタリックやパールの場合は類似色になります。また、条件等色により、屋内では色はズレて見えることがあります。

また、細かい文字や細い線をカッティングステッカー製作すると剥がれやすくなります。 車体色*に合わせた色の周縁をつけてフチカットすれば、 スッキリ感はあまり損なわずに剥がれにくくすることができます。

キャラクターの商品化

フチカットステッカーなら、手軽にキャラクターやマスコットを商品化できます。

立体ものの型代のような初期費用はほとんどかかりません。また、数十枚程度の小ロットでもそれほど割高にはなりません

また、ステッカーシートなら、ポーズの異なるステッカーや複数のキャラクターやマスコットのステッカーを1シートにまとめることができます。合わせてご検討ください。

ノベルティに

ロゴマークやキャラクターをノベルティとして配布してはいかがでしょう。ステッカーなら手軽に会社のイメージをお客様に広めていただけます。

色味は指定色でご指示いただけます。

また、ステッカーシートなら、ロゴマークの配置のバリエーションやキャラクターのバリエーション等、複数のステッカーを1シートにまとめることができます。合わせてご検討ください。

コーションラベル

コーションラベルも、ステッカーの種類としてはフチカットステッカーやステッカーシートが適しています。プリントしてラミネート加工後、カッティングマシンにかけて角R(角の丸み)をとっていきます。

プリントしてラミネート加工後、矩形に断裁しただけでもいいのですが、角が尖っていますので、拭いたりする場合に引っかかって剥がれやすくなってしまいます。

また、1台の機械に複数のコーションラベルを貼る場合、ステッカーシートなら必要なラベルを1シートにまとめることができ、貼付け作業の効率化が図れます。合わせてご検討ください。

貼付け作業

小さなものを、平面や緩やかな2次曲面に貼るのであれば、少し慣れれば難しくはありません。

平面でも大きなもの(30~40cm角以上)や、2次曲面、3次曲面に貼付けるのはコツと経験が必要になります。貼付け施工の職人に依頼された方が無難かもしれません。

弊社では貼付け施工も承っておりますのでご用命ください。

貼付作業については、「貼付け作業について」をご覧ください。

原稿やデータについて

ステッカーのデザイン、内容は、デジタルデータ(パソコンの画像ファイル等)や印刷物、手書きの原稿でご指示ください。

原稿やデータについての説明を「原稿・データについて」にまとめております。ご一読ください。

色指定について

お客様の指定色にも対応いたします。

DICやPantone、日塗工色見本帳、マンセルブック等 各種色見本帳を取りそろえております。

あるいは、印刷された見本色や塗板、実物をお送りいただいても結構です。

詳しくは「色指示について」をご覧ください。

ご注意ください

弊社ステッカーのご利用にあたって、ご注意いただきたい事項を「ご注意ください」にまとめております。ご一読ください。