ステッカーシート

ステッカーシート

当サイトでは、ステッカーの種類(製法)を、以下の4つに分類しています。このうち、このページでは、ステッカーシートについて詳しく説明しています。

  • カッティングステッカー
    • 色付きのフィルムを文字やイラストの形にカットして製作するステッカー。
    • 貼付け面に直接かいたようなスッキリした仕上がりになります。
  • プリントステッカー
    • 白や透明のフィルム等に業務用プリンターで印刷して製作するステッカー。
    • 多彩な表現が可能です。
  • フチ(輪郭)カットステッカー
    • プリントしてから文字やイラストの輪郭にそってカットするステッカー。
    • グラデーション入の文字やイラストも、貼付け面に直接かいたようなスッキリした仕上がりになります。
  • ステッカーシート
    • いわゆるラベルやシールのように、一枚のシートにステッカーが数枚並んでいるステッカー。プリントしてからスッカーの形状にカットし、シートごとに断裁します。
    • 貼付け作業の効率化が図れます。

※ 「フチカット(輪郭カット)」と「ステッカーシートは、「プリント」という工程を含み、フィルムも「プリント用」のものを使いますので、「プリントステッカー」から派生した種類といえます。
4種類に分類しますが、大きくはカッティングステッカーとプリント系の2種類になります。

それでは、「ステッカーシート」について詳しく説明していきます。

ステッカーシートの特徴

複数のステッカーを1枚のシートに配置

貼付けや在庫管理の作業性が向上

大量のステッカーを貼らなければならない場合、ステッカーが1枚ずつ切り離されているよりも、1シートに数枚ずつまとまっている方が作業効率は向上します。

例えば、1枚ず切り離されている場合と、1シートに10枚のステッカーが並んでいるステッカーシートとで工程を比較してみます。


1枚ずつ切り離されている場合

ステッカーシート(10枚/シート)の場合

1. 製品を並べる

2. ステッカーをピックアップ

3. ステッカーの向きを直して持ち直す

4. 離型紙から剥がして貼り付ける

5. 裏紙を捨てる

1. 製品を並べる

2. シートごとにピックアップすればよい

3. シートごとに向きを直して持ち直せばよい

4. 離型紙から剥がして貼り付ける

5. 裏紙はシートごとに捨てればよい

 

「2.」「3.」「5.」の3工程が、ステッカーシートならシートごとですみます。1シートに10枚のステッカーが並んでいれば、時間は1/10に短縮されます。


あるいは1台の機械に数枚のコーションラベルを貼る場合、1台に必要なラベルを1シートにまとめておけば、貼付け作業の効率が図れるとともに貼り忘れも防止できます。

また、ステッカーシートなら数量チェックの効率化も図れます。「ステッカーの枚数=シートの枚数×1シートに配置されたステッカーの枚数」ですから、シートの枚数を数えればステッカーの枚数は算出されます。

あるいは種類の異なるステッカーを1シートにまとめたのであれば、種類ごとに枚数を数える必要はありません。

多彩なデザインを表現

大判のフィルムに業務用のインクジェットプリンターで印刷して製作しますので、多色やグラデーションも表現可能です。

ロゴやイラスト、写真等、多彩なデザインを思いのままに表現できます。

広範囲に色を表現

弊社インクジェットプリンターは、鮮やかなオレンジやグリーンも表現、PANTONEカラーの98.2%をカバーします。メタリックの表現も可能です。

従来、インクジェットプリンターは混色のため、鮮やかな色、特に鮮やかなオレンジは表現できませんでした。

弊社プリンターは通常の6色(C・M・Y・K・LC・LM)の他、グレー・オレンジ・レッドを搭載。色彩豊かに表現します。

PantoneやDIC、日塗工の色見本帳やBUS車体色、マンセルブックも備え、色指示に対応可能です。

屋外耐候性も安心

施工後約7年 南面

鮮やかであると同時に屋外耐候性約5年を実現しています。

インクは鮮やかであり、また、屋外耐候性があります。フィルムも屋外耐候性の高いものを使用し、プリント後にUV(紫外線)カット剤を配合しているラミネートフィルムを全体にかけることで、屋外耐候約5年を実現しています。

ステッカーシートの仕様等

構成材料

ステッカーシートは、1)インクジェットメディアにインクで印刷 → 2)印刷後にラミネート加工 → 3)カッティングマシンでフチカット → 4)断裁 という工程で製作しますので、構成材料としては次のようになります。

  • インクジェットメディア(フィルム)等
    • 白または透明。屋外での耐候性により、長期(5年程度)・中期(3年程度)・短期(1年程度)があります。弊社では主に長期用を使用します。
    • その他、反射フィルムやヘアライン調等、印刷対応可能な各種フィルムがあります。
    • また、インクジェット専用のインクジェットメディア以外に、カッティングステッカー用のマーキングフィルムにも印刷可能なものがあります。例えば、コーションラベル等で地色が黄色の場合は、黄色のマーキングフィルムに文字・マークを印刷する場合もあります。
    • フィルムについての詳細は「フィルムについて」をご覧ください。
  • インク
    • 弊社では、屋外耐候性のある溶剤系インクを使用します。
    • インクの色は、ブラック・シアン・マゼンタ・イエロー・ライトシアン・ライトマゼンタに加え、オレンジ・レッド・グレーを標準搭載。オプションでホワイトを使用し、色彩豊かに表現します。
  • ラミネートフィルム
    • 印刷後、通常は保護用にラミネートフィルムを全体に貼ります。
    • 弊社で使用するインクは、「擦れ」には強いものの、アルコールやガソリン等がかかると溶け出してしまうこともあり、通常は保護用のラミネートフィルムをかけます。
    • 弊社では主にUVカット剤入の「UVカットラミ」を使用し、屋外耐候性をあげています。
    • ツヤ有り(グロス)ラミが一般的ですが、・ツヤ消し(マット)ラミにしてマット感を出すこともできます。
  • (アプリケーションフィルム)
    • カッティングステッカー等で、多パーツに切り離れているフィルムを写し取るフィルムです。
    • ステッカーシートでは使用しません。

耐候性

屋外耐候性は、使用するインクジェットメディア・インク・ラミネートフィルムによります。

屋外耐候長期のフィルムに屋外耐候性のあるインクで印刷し、UVカットラミをかければ、全体としては屋外耐候最大5年を実現できます。

弊社では、この屋外耐候最大5年となる材料の組み合わせを標準仕様(用途によっては3~5年を標準仕様)としております。

また、注意事項や施工要領に沿って貼れば、 雨や風でも 「剥がれてくる」ことはまずありません。

詳しくは、「フィルムのご案内」をご覧ください。

粘着力

強粘着タイプから弱粘着タイプ、また、再剥離タイプと、多様なフィルムをご用意しております。詳しくは「フィルムのご案内」をご覧ください。

サイズ

原反幅が約1.3mのため、ステッカーの短辺は1.2m程度まで製作できますが、ステッカーシートの場合、1シートがA3(420mm×297mm)を超えると取り扱いにくくなります。1シートのサイズはA5~A4程度を推奨します。

最小は、5mm角程度の文字も鮮明に印刷できます。

色・ツヤ

プリントステッカーは、インクを混ぜて印刷して製作しますので、表現できる色数としては1000万色以上となります。

弊社で使用しているインクジェットプリンターは再現域が広く、これまでのインクジェットプリンターでは対応できなかった鮮やかなオレンジやグリーン等も表現、PANTONEカラーの98.2%をカバーします。

ホワイトインクを搭載していますので、透明フィルムに白の図柄を印刷することも可能です。

また、メタリック色も一定の範囲で対応可能です。

ツヤに関しては、印刷後の保護用のラミネートフィルムに「ツヤあり」と「ツヤ消し」を標準でご準備しておりますので、どちらにも対応できます。ただ、「ツヤ消し」といっても「3分ツヤ」程度になります。異なるツヤ感をご希望の場合はご相談ください。

製作適合フィルム

ステッカーシートは以下のフィルムをよく使用します。(フィルムの詳細は各フィルムのページをご覧ください。)

その他にも製作可能なフィルムは各種あります。「フィルムのご案内」をご覧ください。

ステッカーシートの主な用途

コーションラベル

コーションラベルは、ステッカーシートが適しています。1台に必要なコーションラベルを1枚のシートにまとめれば、貼り忘れを防止できますし、作業の効率化も図れます。

キャラクターの商品化

ステッカーシートなら、手軽にキャラクターやマスコットを商品化できます。ポーズの異なるステッカーや複数のキャラクター等のステッカーを1シートにまとめることができます。

立体もののような 初期費用はほとんどかかりません。また、数十枚程度の小ロットでもそれほど割高にはなりません

ノベルティに

ロゴマークやキャラクターをノベルティとして配布してはいかがでしょう。ステッカーなら手軽に会社のイメージをお客様に広げていただけます。

ステッカーシートなら、ロゴマークの配置や配色のバリエーションやキャラクターのバリエーション等、複数のステッカーを1枚のシートにまとめることができます。