キャラクターを商品に

キャラクターを商品に

ステッカーでキャラクターを手軽に商品化

  • ステッカーなら、キャラクターやマスコットを手軽に商品化できます。
  • 型代のような初期費用はかかりません。小ロットでも数十枚程度ならそれほど割高にはなりません。
  • また、様々なポーズや、種類の異なるキャラクターやマスコットのステッカーを1枚のシートにまとめることもできます。
  • 送料も抑えられます。

オーダーメイドステッカーなら様々なご要望に対応

  • 指定色に対応します。各種色見本帳を準備しております。実物をお送りいただいても結構です。
    また、弊社インクジェットプリンターはPantonの98%を再現。鮮やかな色味でイメージを損なわずに伝えます。
  • サイズや色味等の変更にも迅速に対応できます。オーダーメイドステッカーはデジタルデータから製作しますので、サイズや色味の変更、あるいは文言の変更も、臨機応変に対応できます。
  • 数量も小ロットから大ロットまで対応します。弊社では割高にはなりますが、数枚からでもお受けしております。多い場合は数万枚でも対応しております。手間のかかるカッティングステッカーでも万枚単位で対応しております。

オーダーメイドステッカーのプロにお任せを

キャラクターのデザインや手書きの原稿をお送りくだされば、お見積もりいたします。
使用環境や被着体等についてもお教えいただければ、適した仕様を提案させていただきます。
Rohs指令やchemSherpaにも対応しております。お気軽にお問い合わせください。

おすすめのステッカーの種類

当サイトでは、ステッカーの種類を「カッティングステッカー」「プリントステッカー」「フチカットステッカー」「ステッカーシート」の4つに分類しています。

フチカットステッカーとステッカーシート

キャラクターをステッカーとして商品化した場合、だれにでも貼れることが求められます。フチカットの単パーツ仕様なら、APに写し取る等の手間はなく、だれにでも簡単に貼ることができます。

数種類のステッカーを1シートにまとめたい場合は、ステッカーシートになります。フチカットの単パーツ仕様を1枚のシートに配置したものです。

複数のキャラクターやキャラクターの様々なポーズのステッカーを1シートにまとめることができます。

その他のステッカーの種類

カッティングステッカーフチカットの多パーツ仕様の方がイメージを損なわずにステッカーにできる場合があります。

ただ、カッティングステッカーやフチカットの多パーツ仕様の場合、APが必要となり、貼付けるのに少し抵抗がでるかもしれません(「貼付け作業について」をご一読ください)。また、コストもフチカットの単パーツ仕様やステッカーシートと比べると高くなります。

また、断裁しただけのプリントステッカーというのもあり、コストは抑えられますが、図柄の周囲にフィルムが残ります。図柄の形状に関係なく矩形に残りますので、キャラクターやマスコットのイメージが損なわれてしまいます。

デザインをお送りいただき、拝見しながらご相談させてください。

フィルムについて

ステッカーの使用環境等によって最適なフィルムを選びますが、販売用ステッカーは使用環境等の特定が困難ですので、弊社販売用標準仕様のフィルムにて製作いたします。

販売用標準仕様については、「一般インクジェットメディアの種類」をご参照ください。

販売用標準仕様のフィルムは、コストと性能のバランスに配慮し、次のような特徴があります。

  • だれにも、きれいに貼れる。
  • 剥がしやすい
  • 屋外中長期

上記とは異なる特徴をご希望の場合はご相談ください。

また、フィルム選択のポイントの他、ご注意いただきたい事項を

 フィルムと注意事項

にまとめております。ご一読いただき、気になる点があればご相談ください。

各種フィルム

一般マーキングフィルム一般インクジェットメディアの他に、様々なフィルムを扱っております。用途に合わせてお選びください。

原稿やデータについて

ステッカーのデザイン、内容は、デジタルデータ(パソコンの画像ファイル等)や印刷物、手書きの原稿でご指示ください。

原稿やデータについての説明を「原稿・データについて」にまとめております。ご一読ください。

色指定について

お客様の指定色にも対応いたします。

DICやPantone、日塗工色見本帳、マンセルブック等 各種色見本帳を取りそろえてお待ちしております。

あるいは、印刷された見本色や塗板、実物をお送りいただいても結構です。

詳しくは「色指示について」をご覧ください。

ご注意ください

弊社ステッカーのご利用にあたって、ご注意いただきたい事項を「ご注意ください」にまとめております。ご一読ください。